脱色でムダ毛処理

ムダ毛を金髪にして目立たなくする|肌が弱い人は要注意

脱色でムダ毛処理

ムダ毛を脱色することで、目立たなくなりムダ毛処理の回数
を減らせたりムダ毛の薄い人は処理をしなくてもすむ可能性
もあります。


もちろん毛が無くなるわけではないので、近くで見られ
たり、太陽の光が当たるとキラキラしてしまうのでバレて
しまうことはありますが。


ムダ毛を脱色するときは、髪の毛用ではなくムダ毛専用
ものを使いましょう。それでも、脱色剤には強い成分が使わ
れているので、肌が弱い人は簡単に肌荒れを起こしてしまう
事があります。


良くパッケージを見て、なるべく刺激の弱いものを選び
ましょう。


当たり前のことですが、新しく生えてくる毛は元の黒色です。
脱色された金色の部分と黒色の部分が混ざり合って、不自然
になってくるので、定期的に脱色する必要があることを忘れ
ないよう。


脱色が向いているは、腕や脚、背中といった範囲が広く、
毛が細い部分です。ワキ毛のように狭い範囲で毛が太い部分
には向いていません。
毛の太さによっても効果の出方が違います。


脱色をするときは、しっかりと説明書を読んでから行って
ください。


脱色剤よりも安全で、ムダ毛を目立たなくさせる
コントロールジェルMEという抑毛剤もあります。

>>コントロールジェルMEの詳細


TOPPAGE  TOP 

内臓脂肪の減らし方