抑毛でムダ毛処理

ムダ毛を細くする方法|大豆に含まれる成分が効果的

抑毛でムダ毛処理

ムダ毛処理の1つに抑毛(よくもう)というものがあります。
もしかすると、聞いたことない言葉かもしれませんがムダ毛
処理が面倒だとか、ムダ毛処理をしたときの肌へのダメージ
が気になると言う人には向いている方法です。


抑毛と言う文字かも分かるように、毛を抑制することです。
つまり、ムダ毛を細く、薄くし、生えてくるまでの時間を
長くすることです。通常のムダ毛処理のように、ムダ毛を
なくすわけではなく、あくまで目立たなくすることです。


やり方は、体の外側と内側から抑毛できる成分を取り入れ
ます。この成分の代表的なものが、大豆から取れる大豆
イソフラボンです。


外側から取り入れるには、大豆イソフラボンを成分に含んだ
抑毛剤をムダ毛の気になる場所に塗ります。
成分が毛穴に浸透して、ムダ毛の成長を抑えます。


抑毛剤には、ローションタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ
などがあるので自分に合ったものを選びましょう。
敏感肌の人は、肌荒れを防ぐためにも、天然成分しか含まれ
ていないものを選ぶようにしましょう。


内側から抑毛成分を取り入れるには、大豆イソフラボンを
含む食べ物を食べることです。大豆イソフラボンは、当然
ながら大豆で出来た食べ物に多く含まれています。納豆、
豆腐、油揚げ、きな粉、そして豆乳などです。


抑毛のデメリットは、効果がすぐに出ないことです。最低
でも数ヶ月、確実な効果が得られるのには半年以上続け
る必要があります。もちろん、通常のムダ毛処理をしながら
でも出来ます。


さらに、抑毛剤の中に保湿成分などが含まれているものも
あるので通常のムダ毛処理のアフタケアとして抑毛剤を塗っ
ても良いかも知れませんね。


TOPPAGE  TOP 

内臓脂肪の減らし方