脱毛クリームは無駄毛としっしょに肌にもダメージを与えます

脱毛クリームは簡単に、広い範囲のムダ毛を処理できるので
便利ですが肌へのダメージが大きいので、使用するときは
注意が必要です。


市販されている脱毛クリームの大半は、毛を作っている
たんぱく質を溶かすことで処理をします。
たんぱく質は、毛だけでなく皮膚を作っている成分なので
毛のたんぱく質を溶かす成分の入っている脱毛クリームは
肌にもダメージを与えます。


ただでさえ刺激の強い脱毛クリームを使っているのに、たく
さん効果が出るだろうと思い、説明書に書かれている時間
以上使用すると肌がボロボロになってしまいます。
使うときは、時間をきちんと計りながら使いましょう。


どうしても、ムダ毛処理の効果を高めたいと言うときは、
脱毛クリームを塗った場所にラップを巻きましょう。
脱毛クリームは温度が高くなると効果が上がるという性質
を利用します。


いくら温度が高くなると効果が上がるといってもドライヤー
などで温めてはダメですよ。あくまでも体温で上がる程度の
温度ということですので。


脱毛クリームは刺激の強いものです。特に敏感肌やアトピー
持ちの人は肌荒れを起こす可能性が高いです。使うときは、
必ずパッチテストを行って様子をみましょう。


もし、痛みを感じたり赤くなったときは脱毛クリームは使用
できません。肌へのダメージが少ないものに切り替えましょう。

TOPPAGE  TOP 

内臓脂肪の減らし方