脱毛するときの注意点

毛抜きの傷みを減らすには|正しい方法で行うことが大切

脱毛するときの注意点

毛抜きでムダ毛処理をすると、皮膚に埋まっている毛まで
引き抜くので、処理が終わった後に黒いポツポツが残らず
綺麗に見えます。


しかし、毛抜きはなんと言っても痛みが辛いですよね。
カミソリやシェーバーでムダ毛を剃るのであれば、皮膚の上
に出ている毛だけを処理するので痛みは感じません。
(肌が弱い人はカミソリ負けで痛みを感じると思いますが。)


痛みに絶えても、毛抜きでムダ毛処理をしたいのであれば、
正しい方法を覚えましょう。


まず長いムダ毛はハサミや電気シェーバーで短く切りそろ
えます。5ミリくらいを目安にしましょう。次に、痛みを少しでも
痛みを和らげるために毛穴を広げてあげましょう。


蒸しタオルなどを処理する部分に当てて、皮膚の温度を上げ
ると毛穴が広がります。しかし、皮膚の温度が上がるからと
いって、お風呂でのムダ毛処理は避けましょう。


お風呂場には、湿気が高く雑菌が繁殖している可能性が高く
ムダ毛処理後の毛穴に入ってしまうと、炎症を起こしてしま
います。


毛を抜くときは、周りの皮膚を外側に引っぱりながら行い
ましょう。皮膚を引っぱることで、毛穴を広げることができ、
痛みが軽減します。


毛を引っぱる方向は毛の流れの方向です。毛の流れに逆らっ
た方向に引っぱると、途中で切れてしまい根元付近まで抜け
ない事もあります。このとき残った毛が伸びる前に、皮膚が
再生してしまうと外に出れずに皮膚の中に埋もれてしまいます。


さらに、毛を抜いたときに毛根が引っぱられて横向きになっ
てしまうことがあります。毛根が横向きになると、次に生え
てくる毛は横向きになり皮膚から出てこれずに皮膚の中で
伸びてしまいます。


毛抜きをした後の皮膚は、軽く炎症を起こしている状態です
ので、冷たいタオルなどを当てて、冷やしましょう。
もし、肌を傷つけて出血をしているときは、消毒をすること
も必要です。


TOPPAGE  TOP 

内臓脂肪の減らし方