ムダ毛処理で起こる肌トラブル

赤いポツポツや皮膚の中に埋もれた毛|ムダ毛処理の肌トラブル

ムダ毛処理で起こる肌トラブル

ムダ毛処理は、間違った処理方法で行うと炎症や肌荒れ、
黒ずみなど肌トラブルが起こる可能性が高くなります。
ムダ毛処理は肌に大きなダメージを与えるので、正しい処理
をしてもトラブルが起こることがありますが。


トラブルが起こってから焦らないためにも、ムダ毛処理に関
するトラブルについて知っておきましょう。


1.埋没毛

カミソリや毛抜きで処理を行ったときによくあらわれる
トラブルです。処理をした後のムダ毛が新たに伸びるときに、
皮膚から出れずに中に埋まってしまう毛のことをいいます。


埋没毛は皮膚の外からでも毛が丸まって埋まっているのが
見えたり、皮膚が鳥肌状に荒れたりしてしまいます。


放置しておけば自然になくなることもありますが、場合によって
は黒ずみが出来たり、毛嚢炎という炎症を起こしてしまうことが
あります。


埋没毛になる原因は、幾つかあります。
1つは、ムダ毛処理をしたときに皮膚を傷つけ、その後皮膚
が再生するときに、毛穴を塞いでしまうことによります。


他には、毛を抜いたときに毛根の向きがずれてしまい新しい
毛が毛穴とは違う方向に生えて、皮膚の中で伸びてしまう
ことがあります。


埋没毛がいくつも出てしまうときは、皮膚を傷つけている
可能性が高いです。そんな時は、ムダ毛処理による皮膚への
ダメージを減らすことを考えましょう。


2.毛嚢炎

毛嚢炎とは、ムダ毛処理をした部分の毛穴に細菌などが入り
込み、腫れたり、膿んだりすることです。この毛嚢炎は顔に
出来ると、ニキビや吹き出物と言われます。


毛嚢炎はニキビ痕のようなものが出来たり、シミや黒ずみに
なってしまうことがあります。毛嚢炎は特に治療する必要は
ありません。しかし、たくさんできるようであれば皮膚科を
受診しましょう。


毛嚢炎を防ぐには、ニキビや吹き出物と同じように皮膚を
清潔に保つことです。さらに、ムダ毛処理により皮膚へ大き
なダメージを与えていないか確認しましょう。


TOPPAGE  TOP 

内臓脂肪の減らし方