ムダ毛処理前、後のケア

ムダ毛処理の肌トラブルを防ぐには前と後のケアが重要

ムダ毛処理前、後のケア

ムダ毛処理をするときに面倒だからといって、ちゃんとした
ケアをしないと肌が傷つき、そこにばい菌が入り込み炎症
を起こしたり、埋没毛や黒ずみなどの肌トラブルを起こし
てしまうことがあります。


若いうちは、自己治癒能力が高いのですぐに治ってしまう
こともありますが、歳を取ってからだと治るまで時間がか
かったり、治らなかったりすることがあります。


処理する前、処理した後にきちんとしたケアをして、肌への
負担を減らすことでトラブルを引起さないようにしましょう。


まず、ムダ毛処理をする前に処理する部分を綺麗
しておきましょう。処理中に傷をつけてしまったときに、ばい菌
が入り込むことを防ぎます。


長くなってしまったムダ毛は、5ミリ程度に切りそろえて処理
しやすくします。


蒸しタオルを処理する部分に30秒程度乗せて蒸らします
毛穴が開き、ムダ毛も柔らかくなるので処理しやすくなります。
蒸しタオルは、水で塗らしたタオルを軽く絞り、ビニール袋に
入れて電子レンジで30秒程度チンすれば作れます。


処理後の肌は、軽い炎症を起こしほてっている状態なので
水で塗らしたタオルなどで冷やしましょう。


その後、アフターケアアイテムやアルコールフリーの化粧水
などでたっぷり保湿しましょう。美白効果のあるものを使う
と、色素の沈着も抑えてくれるのでお勧めです。
保湿しながらムダ毛を細くするジェルというのもあります。


剃り終わった肌は非常に敏感になっているので、熱いお風呂
に入ったり、石けんでゴシゴシ洗ってはいけません。


きちんとしたケアをしても、肌がカサカサ、ボコボコになって
しまう人は体にあっていないムダ毛処理をしている可能性
があります。別の処理方法を探したほうが良いかもしれま
せん。


TOPPAGE  TOP 

内臓脂肪の減らし方