ムダ毛処理による肌へのダメージ

ムダ毛による肌トラブル|どのムダ毛処理が肌に優しい

ムダ毛処理による肌へのダメージ

剃ったり、抜いたり、溶かしたりとムダ毛処理には色々と
種類があります。どの処理方法を選ぶかによって、肌への
ダメージが変わってきます。肌の弱い人はなるべく
ダメージの少ないものを選びましょ
う。



肌が強いという人でも、ダメージが大きいものを続けている
と肌トラブルが起こることがあるので注意が必要です。


もっとも肌トラブルを起こす可能性が高いものは、ブリーチ
などによる脱色もしくは脱毛クリームによりムダ毛を
溶かす
ことです。


ブリーチや脱毛クリームなどの薬剤を処理したいムダ毛に
だけ塗ることが出来れば良いのですが、それは無理ですよね。
なので、どうしても皮膚全体に塗ることになります。


毛の色を抜いたり、溶かしたりするとても刺激の強い成分が
含まれているので薬剤を塗られた皮膚は大きなダメージを
受けます。敏感肌であればすぐに炎症を起こし赤くなったり、
ヒリヒリしたり、かぶれたりします。


薬剤を使ったムダ毛処理をするときは、必ずパッチテストを
行いましょう。パッチテストの結果、肌に反応があったとき
は違う処理に変えましょう。


毛抜きによる脱毛は、ムダ毛1本1本処理できるので毛穴に
だけしかダメージを与えずにすみます。しかし、肌が弱い人
だと毛穴が傷つき出血しそこにばい菌が入り込み毛嚢炎と
いう炎症を起こしてしまうこともあります。


あまりに炎症が起こるようであれば、別の方法を考えましょう。


カミソリやシェーバーなどによるムダ毛処理は、皮膚への
刺激が少ないです。しかし、ムダ毛の流れに逆らって剃った
り、何度も同じ場所を剃ったり、頻繁に処理をすると、肌の
角質も削り取られカサついた肌になってしまいます。


剃る前に、シェービングフォームで毛を柔らかく剃りやすく
して少しでも肌へのダメージを減らすようにしましょう。


肌に一番優しいムダ毛処理は抑毛です。抑毛とはムダ毛
を産毛のように細く、薄くすることです。
>>抑毛の詳細はこちら

 


TOPPAGE  TOP 

内臓脂肪の減らし方